ふるさと納税に緊急参戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス(スマートフォン用)

ふるさと納税に緊急参戦

今年も12月になり、1年間が終わろうとしています。ブログを見ていますと、ふるさと納税について、お得というコメントがあり、今まで、そんなわけないだろうと思い、考えていませんでした。

しかし、しかし、この土日にふるさと納税について、調べてみますと、確かに、ふるさと納税はお得だと分かったので、この土日にふるさと納税について、調べて、申込書の作成までをやりました。

ふるさと納税の誤解

私は今まで、ふるさと納税というと、所得控除だと思っており、所得に税率をかけた金額のみが控除されると思い込んでいました。

しかし、ふるさと納税は、所得控除のほかに、県民税と住民税の所得控除と特別控除があり、この特別控除により、2,000円を除いた部分について、税額控除をうけることができるのです。

ここで簡単にいうと、県民税と住民税の約1割が控除されるのです。

これは、かなり、大きいです。この控除された分について、多くの自治体でお礼として、特産物を送ってくれるので、ふるさと納税を行ったほうが結果的に特になります。

しかも、高額給与所得者ほど、この控除額が大きいので、結局、金持ち優遇の気はしますがね。

私は、それほど、おおきな控除ではないのですが、とりあえず、昨年の給与水準から、今年の水準を予想して、ふるさと納税額を決めました。

ふるさと納税額の申し込み先

選んだ結果、下記の4つの市にしました。なんだかんだ言って、米をいただける市ばかりですが。

です。

ふるさと納税を行うには、今年中に支払いを行わなければならないため、日程的には、ぎりぎりになりそうです。

来年は6月くらいに一度、ふるさと納税をしようと思います。

納付自体は、銀行振り込みをしてしまえばよいので、あとは、自治体から、しっかり、寄付金受領証明書が届くかと、肝心の特産品が届くかどうかが問題となりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)