【節約】大増税時代にできる節約術を考えてみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス(スマートフォン用)

こんにちは。ポンです。いよいよ消費税は5%から8%へと上がり始めます。給料は上がらず、物価は上がるという家計には何とも厳しい時代です。

ここでは、そんな、大増税に対応するための節約術を提案してみます。

  • 財形貯蓄を活用する。
  • ふるさと納税を活用する。
  • MNPを活用する。

1-a0002_006824

財形貯蓄を活用する。

財形貯蓄を活用できるかは勤務している会社に財形貯蓄制度があるかどうかによるのですが、もし、勤務している会社に財形貯蓄制度があり、奨励金が上乗せされているようでしたら、活用してみてください。

私の勤務している会社でも、年間3万円を上限に、財形貯蓄額の2%が上乗せされます。この制度がいつまで、続くがわかりませんが、続く限りは、この制度を利用しようと思います。

また、住宅と年金の財形貯蓄については、通常20%の税金が非課税になります。株式で20%の利益を出すことは、アベノミクスの相場ではたやすかったかもされませんが、通常の相場では、とても困難な数字です。ぜひ、活用しましょう。

ふるさと納税を活用する。

これもすでに始めている方も多いかもしれません。私は、恥ずかしながら、ふるさと納税のデビューが平成25年の所得からです。もっと、早くから、このふるさと納税を利用していればよかったのですが。

まだ、ふるさと納税を始めていない方は、ぜひ活用しましょう。

ふるさと納税による節税額は、給与所得により、人それぞれですが、私はふるさと納税で、5万円寄付しました。寄附金1万円で、お米10キロの自治体が多く、お米10キロ当たり、約5,000円とすると、約2.5万円程度の節約となりました。(最低でも2,000円は自己負担となります。)

2012年のふるさと納税で頂いたものの記事はこちらです。

MNPを活用する。

これは賛否両論あると思いますが、スマートフォンのMNPを活用して、数万円のキャッシュバックを受けることです。通信キャリアが実際に行っている施策なので、ぜひ、活用しましょう。

MNPを短期間で繰り返すと、ブラックリストに載るようなので、少なくとも、3か月は寝かす必要があります。(販売店の店員が言っていたので、信頼性は高いです。)

なので、私もキッズケータイを買って、3か月後にMNPでスマフォの乗り換えを予定しています。これは、実際に乗り換えを行ったときに記事にしようと思います。

これで、少なく見積もっても、4万円くらい節約を予定しています。

⇒MNPを利用した記事はこちらです。

結果として、10万円近くの節約を実施予定です。

財形貯蓄ふるさと納税MNPを活用して、10万円近く節約しようと思います。

まだ、これらの制度を活用してない方は是非、試してみてはいかがでしょうか。

↓ブログランキングにご協力ください。(ブログの励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)