株式投資について考える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス(スマートフォン用)

こんにちは、ポンです。昨年のアベノミクスによって、株式投資に興味を持った方も多いのではないでしょうか。今回はそんな株式投資について、記載します。

株式投資をする理由を考える。

  • 給与所得の増加がみこめない
  • 株式投資は儲かる

給与所得の増加がみこめない

株式会社は利益追求を行う仕組みです。そして、株式会社の利益は従業員には給料で、株主には配当で支払われます。

しかし、現在、従業員の給料は伸びておらず、むしろ、下がっています。なぜか、株式会社は近年、配当性向を上げているからですね。

一昔前は、日本の株式会社は相互に株式を持ち合うことで、配当による圧力はあまりなかったのですが、近年は相互株式保有のしくみが徐々に弱くなってきていて、経営者は株主に対する配当の要求を無視して、経営することができなくなってきているのです。

そのため、株式会社から分配される給料が減るのであれば、その分、個人は配当を増やさざるを得ないんですね。

もらった、給料は少なくなっていますが、節約により、種銭を築き、配当をもらえる株式への投資をしていかないと、個人の手取り額はますます減っていきます。

 株式は儲かる

株式会社は利益を追求するしくみのため、基本的に儲かります。そして、儲かった利益は分配されます。そのため、利益が大きくなれば、なるほど、株式は配当を見込んで、株式の価値も上がります。

株式は誰でも儲かるものではないですが、少なくとも

  • 利益のでている成長の見込める株式を買う。
  • 市場が割高な時に買わないで、割安な市場で買う。

を心がければ、儲かるはずなのです。

↓ブログランキングにご協力ください。(ブログの励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)