e-taxを使った確定申告書の送信終了。感想を書きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス(スマートフォン用)

こんばんは。ポンです。

確定申告がようやく終わりましたので、感想を書きたいと思います。

e-taxによる確定申告書の送信作業について

確定申告書の作成自体は済ませていたので、あとは送信作業を行うだけですが、毎回この作業がスムーズにいかず、今年もうまくいかないのだろうと思い、今年は早めに取りかかりました。

⇒確定申告書の作成の記事はこちらです。

次回の電子申告書の送信の備忘録の意味も込めて、記事を作成しようと思います。

e-taxによる電子送信のメリット

  • 医療費控除の領収書の発送が必要ないこと(自宅での保管は必要です)
  • 土日でも自宅から簡単に申告できる。

があげられます。

e-taxによる電子送信のデメリット

  • 電子証明書 500円程度
  • 住民基本台帳 500円程度
  • ICリーダー 2,000円程度 かかる

があげられます。

私は、電子証明書等はすで取得済なので、今年もe-taxによる電子送信を選びました。

電子送信時のトラブル

アプリケーションがブロックされました。詳細を表示するにはクリックしてください

申告書等送信画面で「アプリケーションがブロックされました。詳細を表示するにはクリックしてください」とのコメントが出たため、まずは、Javaの設定により解決しました。

↓ 下記の画面を選択すると

4078075

↓ 説明がでてきます。

4078077

↓ 説明があるのですが、これはmacの説明のみでWindowsの説明がありません。

4078081

ここで、windowsで同じ対応をする手順は下記のとおりです。

スタートパネル⇒コントロールパネル⇒(表示方法を小さいアイコンに変更して)⇒Javaを選ぶで対応できます。

Javaの選択方法については、参考になる「ムーンドルド」さんのJavaアップデート手順の記事がわかりやすかったので、参考にさせていただきました。

「アプリケーションがブロックされました。詳細を表示するにはクリックしてください」が出なかった方は、このあたりは読み飛ばして下さいね。

エラーコード【AF0020-846】

↓ 次に住民基本台帳カードをのせて、個人認証を行ったのですが、エラーコードAF0020-846が出てきます。

4078158

JPKI利用者ソフトはインストール済なので、Java実行環境への登録を「公的個人認証サービス」ポータルサイトの手順により実行。

これにより、無事送信できましたが、送信に1~2時間かかりました。

e-taxで申告の方はスムーズに申告で来ているのでしょうか。

e-taxのアンケート

確定申告書の送信が終わると、e-taxのアンケート画面が出てきます。そこで、1申告者として、アンケートを記載しました。

  • 電子証明書の有効期限が3年間は短い。
  • 電子証明書の更新料が500円は高い。
  • e-tax利用者に税額控除を適用して、電子証明書や住民記帳台帳カードやICリーダー代の負担を軽くしてほしい。

自宅で申告できるe-taxが普及してほしいのですが、いまいち、使いにくいんですよね

↓ブログランキングにご協力ください。(ブログの励みになります)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)