【節約】定期券は3月31日前に購入して、消費税3%を節約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス(スマートフォン用)

こんばんは。ポンです。このブログの読者の方にはサラリーマンの方も多いと思います。

サラリーマンの方は会社務めのために半年に一度、定期券を買っている方も多いのではないでしょうか。

消費税8%の増税前に定期券を買いましょう。

定期券は半年分を購入するため、結構な金額になります。また、消費税増税後は3%を追加で支払わなければならなくなります。

そのため、4月に定期券を更新される方は、2週間前から、定期券を購入できるので、3月31日前に購入しましょう。

極端な話、定期券代が10万円するとしたら、3月31日前に購入したら、10万5千円。4月1日以降に購入したら10万8千円。たった1日の違いで、3千円違います。

特に新幹線の定期券を購入している方などは高額なので、消費税分も大きいと思います。

家電などの高額品もなるべく3月31日前に購入を

もちろん、今回の購入による節約は前払いであり、一時的なものですが、少しでも節約できるのであれば、活用すべきです。

私は現在、アイパッドやパソコンを消費税の増税前に購入すべきか、今現在のアイパッドやパソコンを使うかで悩んでいます。

アイパッドもパソコンも購入してから2年くらいなので、まだまだ、現役で使えるのですが、消費税の増税前に買ったほうが金額的には安いのであれば、あとは性能的に必要かどうかなんですよね。

現在のアイパッドは16ギガなのですが、容量が足りないのと、外出ではアイパッドよりもアイパッドミニのほうが軽くて楽そうなため。

容量は32ギガか64ギガだとすると、51,800円か61,800円なので、これの3%だとすると1,554円か1,854円となります。

額が大きいと3%も結構な額になりますよね。

これが将来ずっと続くとなると家計には厳しい限りですね。

生活用品も買いだめ

お米やトイレットペーパーなど、必ず使う生活必需品もやはり、買いだめしたほうがお得です。

一時的な効果しかありませんが、やはり、3%の増税分は大きなものです。

しかし、もちろん、使わないものを買いだめしても仕方ありません。そして、どんなに買ったとしても、野菜などは腐ってしまうため、買いだめするものとしないものをしっかり区別することが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)