【節約】国税局よりふるさと納税と医療費控除の還付金が振り込まれました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス(スマートフォン用)

こんばんは。ポンです。

確定申告の結果、ふるさと納税と医療費控除の還付金が振り込まれましたので、今回感想を記載します。

⇒ふるさと納税の記事はこちらです。

⇒医療費控除の記事はこちらです。

確定申告

私は、e-taxを使って、確定申告を行ったのが、3月3日でした。還付が行われたのが、3月中旬だったので、振込みが行われるまで、約2週間くらいでした。思った以上に還付が早かったですね。

手続きに何かと時間がかかる国としては、奇跡的に早いといえるのではないでしょうか。

資金繰りに困っているわけではないのですが、還付が遅いとなぜ振り込みが行われたのか分からなくなることがありますからね。

⇒確定申告が終わった時の記事はこちらです。

ふるさと納税について

今回、国税局から還付されましたが、これがそのまま、不労所得となるわけではないことに注意が必要です。

というのも、もともと、ふるさと納税として、5万円を支払っています。

その5万円の還付として、2,000円を除いた48,000円が還付されますが、そのうちの一部が今回、国税局から還付されました。

残りの一部は住民税から控除されることになります。

なので、5万円支払った分と国税の還付分と住民税の控除額の合計が相殺されて、プラスマイナスが0ですが(正確には2,000円分がマイナス)ですが、その分をふるさと納税のお礼品が賄ってくれております。

ふるさと納税のお礼品の記事はこちらです。

医療費控除

これに対して、医療費控除による国税局の還付額は純粋に節約額になります。

もちろん、無駄な医療費を払っていないことが前提になります。

e-taxを使った確定申告を行うには、電子証明書や住民基本台帳やICレコーダーなどの入手に3,000円くらいかかりますので、来年e-taxを考えている方は、費用対効果を考えて行ってくださいね。

↓ Wimaxではおそらく、最安値です。

月額2980円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)