断トツに使いやすい家計簿・資産管理マネーフォワードに改悪の予兆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス(スマートフォン用)

こんばんは。ポンです。

資金管理と家計簿にマネーフォワードを使っている方も多いのではないでしょうか。

私も使っています。なぜって、どの家計簿・資産管理ソフトよりも使いやすいからです。

マネーフォワードのHPにも利用者数が180万人と数字でもそのすごさが分かります。

ですが、そのマネーフォワードも収益化を図るために改悪が続きそうな予兆がでてきました。

マネーフォワードのメリット

資産管理と家計簿の両方の機能の1度にできる

以前使っていたマネールックというソフトがありますが、これは資産管理に特化したソフトであり、家計簿機能はついていなかったのですが、マネーフォワードは家計簿機能もついています。

パソコン、スマフォ、タブレットから利用できる。

パソコンの他にスマフォ、タブレットからも入力することができます。

CSV出力ができた

これは過去形にしていますが、昔はCSV出力ができたんですよね。当時、資産管理・家計簿ソフトを探していた際には、このCSV出力をできるものを探していたのですが、その条件を満たしていたのが、このマネーフォワードでした。

マネーフォワードの改悪2つ

CSV出力ができなくなった。

マネーフォワードにはわざわざ、CSV出力ボタンがあって、このボタンを押すだけで、CSV出力ができて、大変便利でした。

しかし、この機能を使うと、プレミアムサービスの1つである。過去1年以上前のデータの閲覧が不要になるため、CSV出力機能もプレミアムサービスの1つにされたのだと、推測します。が私にとって、改悪でした。

↓ ダウンロードを押すと

7491623

↓ こんな表示がでてしまいます。

7491646

登録金融機関の制限

スマフォのマネーフォワードにログインしたさいにハードコピーはとっていなかったのですが、登録金融機関が10以下に制限され、10を超える登録金融機関を使用する場合には、プレミアムサービスに入らないとできないようになるようです。

4月20日くらいまでは、特典に申し込むことにより、(今まで、登録した?)登録金融機関10以上を維持できるようですが、新規に入会して、10以上の登録金融機関を登録する場合には、プレミアムサービス登録、つまり、月額500円を支払う必要が生じるようです。(詳細はHPに見当たらなかったので、文言からの推測になりますが)

私は約30登録しているため、全然足りません。

対応

4月20日までに、持っているクレジットカードなどをすべて、マネーフォワードに登録してしまうか、マネーフォワードよりもすばらしい資産管理・家計簿がでるのを待つしかないですかね。

利用者が求めるサービス

プレミアムサービスとして、お金のコンサル団、マンスリーレポートなどありますが、これらは使う予定がないのに、月額500円、年間6,000円を支払うのは高く感じますね。

多くの方が必要とするのは、1年以上前のデータ閲覧だけだと思います。

この機能だけであれば、月額100年の年額1,200円くらいにすると、結構、入会してもいいと考える方も多いのではないでしょうか。

プレミアムサービスミニみたいにリリースすればいいと思うんですがね。

マネーフォワードもいかに収益化するか広告を入れたり、プレミアムキャンペーン入会の勧めなどをしているかと思いますが、だんだん、利用者が離れて行ってしまうと思うんですよね。

それでも、現在、マネーフォワードよりも使いやすいソフトは見当たらないため、断トツでお勧めできるのが、このマネーフォワードです。

まだ使っていない方は是非、一度使ってみてください。

↓ マネーフォワードは資産管理にお勧めです。

↓ Wimaxではまちがいなく、最安値です。

月額2980円

↓ ポンのお薦めの証券会社です。GMOインターネット証券の株式を持っていると、売買手数料が5,000円まで無料となります。

GMOクリック証券(SP)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)